人気コンテンツ

2011年07月05日

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]【2011-04-22発売】

「」の[Blu-ray]【2011-04-22発売】です。
著者:
発売日:2011-04-22
出版社:バンダイビジュアル

 

「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]【2011-04-22発売】」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.装甲騎兵ボトムズって携帯のきせかえツール配信とかってないでしょうか?古すぎ?
A.あるよ。ここからいけるとこにあった(^.^)http://sutekinavi.info/kisekae/archives/69
Q.『装甲騎兵ボトムズ』について質問します。クメン王国はメルキアと同盟を結び勝ちました。但しクメン王国の将軍ゴンヌーの傭兵部隊アッセンブルEX-10はクメン王国の陰謀により神聖クメン王国とともに壊滅しました。そこで質問ですが、クメン王国はその後どうなったんですか?まさかメルキアの支配下になったんではないでしょうね。
A.クメンは元々メルキアと同じ惑星にあって連邦政府と対立していましたが、内戦末期に連邦政府と停戦協定を結び、戦後連邦政府の支援を受けて近代化を図る予定でした。しかし第4次銀河大戦勃発による連邦政府からの支援打ち切りによって近代化政策が頓挫し、王政を廃して大統領制に移行したことに因る反発も相まって政情不安を招き、内戦終結から32年経った『幻影編』の頃も未だクーデターが頻発する不安定な状況に陥っています。
Q.『装甲騎兵ボトムズ』について質問します。ウドの街がギルガメスによって壊滅された後、物語の舞台がクメンに移りますが、何故クメン王国と対立してたメルキアが味方し、カンジェルマンの神聖クメン王国にボローがついて戦ったんでしょうか?
A.初めまして。ボトムズファンの一人です。クメン編の状況を少し整理すると、クメンは近代化(改革派)を図るクメン王国と反近代化(保守派)の図神聖クメン王国の内乱状態です。そしてメルキアとクメンは休戦協定状態です。1.何故クメン王国と対立してたメルキアが味方したか?メルキアの目的はロッチナを使ってPSを奪取し、メルキアの軍事力増強をはかるために、近代化をはかるクメン王国に味方したという見方はできないでしょうか? そして、PS奪取した暁には、その軍事力をもって、クメンをまるこど呑み込もうと目論んだとは考えられないでしょうか? 2.カンジェルマンの神聖クメン王国にボローがついて戦ったんでしょうか?これは改革派のクメン王国にはアッセンブルEX-10という傭兵部隊(キリコも所属)があります。それに対抗する軍事力として、秘密結社のボローがPS(イプシロン)の戦闘能力を実験するためについたと考えられませんでしょうか?ボローにとってはイプシロンの実験をするには絶好の機会ですから…。蛇足で付け加えると、この時点ではロッチナも、フィアナも、誰もキリコが産まれながらのPSであることは誰も知りませんし、キリコ自身も認識していません。その意味からすると、先の方のご指摘のとおり、すべてワイズマンの掌の上で、キリコの能力をより覚醒させるために、ロッチナもボローも動かされたと考えられますね。因みにクメン編第15話「疑惑」の予告編はこうです。「遙かな宇宙の闇を走り、破壊の街に曲折し、動乱の泥濘にもまれても、なおきらりと光る一筋の糸。だが、この糸は何のために。たぐりたぐられ、相寄る運命。だが、この運命は何のために。炎熱のクメンに第2幕が開く。 次回「疑惑」 まだ、黒子は姿を見せない。」また、これはクメン編の最後のキリコの心の言葉です。「長いクメンでの旅が終わった。自分だけのために選んだ地獄を、フィアナのために捨てたのだ…愛?…かつて俺が愛のために戦っただろうか?」私なりのクメン編総括(予告編調に)クメンでの戦いの硝煙のなか、キリコが得た一筋の糸、それは愛? 愛は苦しみを産み、その苦しみからは新たな試練が産まれる。だがこの試練は何のため? すべては黒子の掌の上。 「クメン」 キリコは愛を知り、黒子に一歩近づく。

[関連タグ]
 装甲騎兵ボトムズ  パチスロ装甲騎兵ボトムズ  装甲騎兵ボトムズ 動画  装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  装甲騎兵ボトムズ 天井  装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ  装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端  装甲騎兵ボトムズ 幻影篇  装甲騎兵ボトムズ PS2  装甲騎兵ボトムズ 画像  装甲騎兵ボトムズ case;irvine

[PR] Momoiro Clover応援ブログ



posted by アニメDVD at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。